INTERVIEW

社員インタビュー

ソナーレグループには、新しい働き方を実践している社員が多数在籍しています。
新しい働き方をはじめたきっかけや、開始後の変化など
インタビューを行いましたので、ぜひご覧ください。

多様な働き方を実践する社員はこちら!

出来なくてあたり前とあきらめていた私にも、
出来ることがたくさん増えました。

アルバイト→正社員

源口 奈津子

音大生の娘と共に上京し、即日ソナーレへ入社

2013年頃、娘の音学高校入学のため親子で上京してきました。ソナーレとの出会いは、ソナーレが管理する楽器が弾けるマンションに入居したことです。娘の高校進学を機に私も何か新しいことにチャレンジしたいと思いました。私はそれまで企業で働いたことがありませんでしたが、音大生のための不動産会社なら、音大出身の私でも働けるかも! と思いました。新居の鍵をソナーレに取りに行ったときに、そのまま履歴書を提出して、次の日から非常勤のアルバイトとして働き始めました(笑)。
1年程勤務した頃に、当時の社長から「パートさんになってもっと働きませんか?」と声をかけていただき、より多くの業務を担当させていただけるようになりました。

正社員へのチャレンジで、大きく成長できた

ソナーレでは、「やってみたい」というと、正社員が喜んで仕事を教えてくれます。出来ることが増えてくると、「もっとお客様と接していきたい」という気持ちが、強くなりました。「正社員になりたい」と伝えたところ、上司も社長もとても喜んで歓迎してくれました。入社7年目の今は、正社員として働いています。上京したころは、“私には出来なくてあたり前”という風でいましたが、今では出来ることがたくさん増えて、娘以上に成長できたな、と自負しています。
ソナーレには、「こんな風にしなきゃいけない」というルールはありません。だからこそ、「このままの私でいいんだ」と気付けたんだと思います。

遠方に住む祖母のそばでも仕事がしたい、
そんな都合を叶えてくれた職場です。

正社員(フルタイム)→正社員(在宅)

平間 有理子

私に合ったフレキシブルな働き方を提案してくれた

2019年、仙台に住んでいる祖母が倒れたのをきっかけに、ソナーレからグループ会社のドルフィンパートナーズへ移籍を決めました。新しい職場へ行くことも視野に入れていたのですが、リモートワーカーとして働く方法を提案していただけたのが残ることを決めた理由です。祖母に何かがあったときに仙台でも仕事がしたい、と考えていた私にとってぴったりの働き方でした。
ソナーレで4年間勤務してきたこともあり、仕事もある程度熟知していたので新しい環境でゼロからではない、フレキシブルな働き方ができるのは、魅力的だなと感じています。

リモートワーカーとして会社をサポートしていきたい

ソナーレグループは、私の個人的な事情や考えを聞いてくれた上で、お互いにとってどうするのがベストかを考えてくれる会社です。
自宅や祖母のいる仙台をベースとして、時に出社するなど、いろいろな働き方があると思うので、今後も両社にとって最適な方法で貢献していきたいと思っています。また、リモートワーカーとしても、会社全体の仕事を事務方としてサポートしていければと考えています。

家庭と仕事が両立できる、
今の自分に合った働き方を見つけられました。

正社員→アルバイト

猪股 亜結美

家庭と仕事を両立するために雇用契約を変更

結婚のタイミングで、2019年の5月から雇用契約になりました。現在は、10:00~18:00まで週5で働いています。
新卒で入社後、4年程正社員として働いたのですが、その時と比べ、時間に余裕ができました。仕事内容は変わっておらず、オーナーさんの対応を担当しています。

時間に余裕ができたことで公私ともに充実しています

働き方を変えたことで、朝と夜の時間が自由に使えるようになりました。仕事と家事を両立していても、今は休める時間があるので、疲れを感じません。おかげで、旦那さんとは、日々笑い合えています。子どもも、3人くらいは欲しいですね。でも、大変そうなので年の差は空けたいです(笑)。
ゆくゆくは、正社員としてまた活躍できたらとも考えています。

チャレンジを続ける社員はこちら!

今の仕事を続けながら、
昔から興味のあった仕事にも挑戦しています。

正社員(売買へ)

石渡 香里

ダブルワークでやりたいことにチャレンジ

関連会社の独立した不動産会社とソナーレホールディングス(株)で、ダブルワークをしています。私が代表に「売買をやってみたい! 」と以前話したことを覚えていてくださって、「まだ興味ある?」と声をかけてくれたからです。
仕事内容としては、土地やテナントビル、宅地の売買書類を作成・提出したり、所有者のアポイントや、土地や建物の資産価値を調査したりしています。就活をしてる時から興味のあった売買の仕事ができて、嬉しいです。

転職というリスクを負わずスキルアップできる

新卒から働いてきたソナーレと、やってみたい仕事のどちらかを選ぶのではなく、今の仕事にプラスして、やりたいことにチャレンジできました。転職というリスクを負うことなく、新しい業務に挑戦できたことで、安心しながら日々成長を実感できています。別業態とのダブルワークでスキルアップを目指せる会社は、なかなかないと感じているので、今後も頑張っていきたいです。

新しい働き方は、
自身にとっても会社にとっても魅力的です。

副業(アルバイト)

宇多 郁絵

グループ会社とのダブルワークでやりがいアップ

2019年の10月から、(株)ソナーレとグループ会社のドルフィンパートナーズでダブルワークを開始しました。どちらも同じような仕事内容で、社内事務、総務、各部署のヘルプなどスーパーサブ的な役割を担っています。
新しい働き方を導入してからは、私だけではなく、会社全体でさまざまな働き方が増えてきたと感じています。

新しい働き方の導入で社内の意識も変化した

新しい働き方を導入するようになってから、社員の意識が変わりましたね。18時には退社するという区切りが出来たため、無駄を減らそうと効率的な働き方になったんです。集中できる時間も増えました。
業務もクラウドで共有することで、場所を問わなくなり、iPadがあればすぐに仕事ができます。時間も場所も自由なので、休みの日に働きたくなったときには、仕事をもらって、働くことも可能です。私自身も、ダブルワークでより多くの仕事を経験し、成長したいなと考えています。

定時が18時だからこそできる、
自由な時間の使い方があります。

副業(アルバイト)

藤井 勇貴

もっと働きたい!成長したい!という思いが叶う

2019年の10月から、ソナーレに加えドルフィンパートナーズの仕事も始めました。仕事内容はソナーレと同様で、メンテナンスチームとしての電話対応・見積もり発注を行っています。
もっと沢山仕事をして稼ぎたい気持ちや、色々なことを覚えたい意欲があるので、家にいるより、仕事をしたいと考え、今のスタイルを選択しました。

自分のために活用できる自由な時間があります

新しい働き方によって、時間を意識するようになりました。ソナーレでの定時が18時までとなったため、選択の自由が出てきたんです。今はダブルワークをしていますが、選択としてはテーマパークで働くことも、家に帰ることも自由だな、と感じています。
私としては、今後も不動産の仕事をやっていきたいし、不動産全体を知りたいので、ダブルワークはベストな選択でした。オーナーさんからの依頼から保険の事、相続の事まで、もっと知っていきたいと考えています。

PAGE
TOP