2012年入社

藤井 勇貴YUKI FUJI

難しい事にチャレンジして、それを達成出来た時は嬉しいですね

01.入社を決めた理由は?

大学の時に参加した研修で丸山社長と知り合い、それがきっかけでアルバイトをする事になりました。いいところを見せようと思って(笑)積極的に電話を取るようにしていたら、電話を取り次ぐたびにいろんな先輩と話す事が出来、「この人たちと一緒に働きたい!」と思ったのが入社の理由です。業界や仕事内容ではなく、「人間関係や空気感が自分に合っているな」と直感で決めました。

その後、社長に「ソナーレさんに就職したいのですが、どうすればいいですか」と直接アプローチ。特別に面接させていただける事になり、無事に内定を頂きました。

 

02.経験した仕事内容を教えてください。

私が経験したオーナーサポート課は、不動産管理業務を行う部署。建物や設備の修繕・交換、ゴミなどの衛生管理、退去後の原状回復工事といった「建物のマネジメント」と、賃料の回収と経理業務、契約・更新・解約業務、相談、クレーム対応といった「入居者のマネジメント」を、オーナー様の代わりに行っています。ソナーレでは2400もの部屋を管理しているので、入居のお客様から毎日たくさんの相談の電話が入ります。お話だけで終わるものもあれば、内容によっては設備業者を手配したり、入居者どうしのトラブルの間に入ったり。また、オーナー様から入居率や管理の状況などの問い合わせの電話が入る事もあり、そちらの対応も行っています。

私は不動産管理業務の進捗を管理しています。メンバーの仕事を俯瞰的に見て、忙しいところに人を配置するなど仕事がスムーズに進行するようにコントロールしています。

03.仕事をしていて楽しいと感じた事は?

私は入社後、契約チームで1年半、仲介課で1年間の仕事を経験したあと、現在のメンテナンスチームに入りました。どの仕事も楽しかったのですが、中でも「面白いな」と思ったのは契約チームで法人契約をした時。通常は音大生の保護者、つまり個人の方と賃貸契約をするのですが、法人契約の場合は条件がいろいろあって業務が複雑になります。私はもともと理数系なので難しいことにチャレンジするのが大好き。難解な契約書の意味合いをひもといて理解したり、それをわかりやすく相手に伝わるように説明したりする時に楽しいなと感じますね。

04.夢や目標はありますか?

ソナーレに入社した事がきっかけで不動産業界に足を踏み入れたので、どうせやるなら不動産に関する仕事を網羅したいと思っています。中でもチャレンジしてみたいのは経理と建築。お金を扱う部署にいると経営の全体の流れが見えるのでとても興味がありますね。また、建築の知識や経験があれば、オーナー様が部屋のリフォームや新築物件を建てる時に、資産運用を考慮した提案が出来ます。今はまだ不動産仲介と不動産管理の勉強中ですが、さまざまな事にチャレンジして自分の幅を広げたいですね。